美味しい食べ方

ホーム  ⁄  美味しい食べ方

美味しい食べ方

ウインナーの美味しい食べ方

手順01
沸騰前のお湯(約80℃)の中で約2分ボイルする。(沸騰させないで下さい。皮が破れて旨みが出てしまいます。)80℃が難しい場合、一度沸騰させて火を止め、その中にウインナーを入れて、2分間ボイルする。
手順02
一度に500g茹でる場合は、約2リットルの水が必要ですので、少量の場合のみ可能です。冷蔵庫から出してすぐだと特にお湯の温度が下がってしまいます。
手順03
焼きウインナーは弱火で、皮を破らないように転がしながらじっくり焼きます。

とんかつの美味しい食べ方

手順01
脂身と赤身の境目の筋を切ります。(筋切り)
こうすることでお肉がぐっとやわらかくなり、揚げたとき肉が縮んだり丸まったりするのを防ぎます。
手順02
塩コショウし、小麦粉をまぶし、玉子のみのつなぎに漬けます。
※玉子はあまりかき混ぜないのがポイント。
手順03
パン粉をつけて、160〜170℃の脂で5〜6分あげます。揚げすぎはせっかくのおいしさを奪ってしまいますので、火を入れ過ぎず切ったとき中心部分にややピンク色が残るくらいが理想。余熱で火が入ることも頭に置きながら、頃合を見計らいます。
手順04
キツネ色に揚がったら、金網などの上に置いて油を切り、適当な大きさに切ります。完全に火が通っていない部分がある場合は10程レンジで加熱すればOK!

ロースハムの美味しい食べ方

手順01
約1cmにスライスして油をひかずに弱火でじっくり焼く。
※生でも食べられるので焼き加減はお好みで。
お肉のまめ知識

お肉のまめ知識

お肉を焼く時はできるだけ常温の状態に戻してから焼いてください。冷たいままだと、お肉がビックリして、縮んで硬くなります。(人間は寒いときお風呂に入ろうとお湯に手を入れたら、熱くて手を引っ込めます。お肉はフライパンからは逃げられません。)焼く時も火を入れ過ぎない事、お肉がぱさぱさになってしまいます。

お電話でのご注文・お問い合わせ

FAXでのご注文・お問い合わせ

メールでのご注文・お問い合わせ

インターネットからのご注文

ページの先頭に戻る